オフィスの未来を変えていく

環境負荷ゼロのオフィスを目指して

地球温暖化対策への対応やエネルギーコストの削減など、社会が企業に求める環境ニーズの高まりとともに、国の施策としても「ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビルディング)化ビジョン」が掲げられ、2030年の達成を見すえた取り組みが推進されています。

このような流れをうけて大和ハウス工業から発表されたのが、次世代環境配慮型事務所の「D’s SMART OFFICE (ディーズ スマート オフィス)」です。このオフィスは自然の力を活かし、効率的に創エネや蓄エネをおこない、それらを適切に制御することで、同社の従来建築と比較して、最大約50%のCO2排出量の削減を実現しました。

企業が無理なく継続的に環境負荷低減に取り組むことができる製品を開発することが、社会全体の環境負荷低減につながっていく。大和ハウス工業の環境への取り組みは、自社だけでなく多くの企業、多くの人を巻き込むことで広がっていきます。