ビル・ゲイツからの贈り物

アイディアや技術を発表する場を提供したい

マイクロソフトの創設者であるビル・ゲイツは、若い世代に向けてこんなメッセージを発信しています。

プログラミングを身につけ、目的のためにコーディングすることは、君たちの考える力を伸ばすこと。つまり “Stretch your mind!”

このように、若い世代が技術に親しみ、アイデアや技術を発表する場を提供したい、というビル・ゲイツの想いで始められたのが、学生向けのITコンテスト「Imagine Cup (イマジンカップ)」です。ロシアで世界大会が行われた2013年は、180をこえる国と地域から35万人以上の学生が集まりました。

2012年に日本チームが準優勝を果たし、日本でも年々盛り上がりを増しているImagine Cup。早くも2014年の世界大会開催地がマイクロソフトのホームであるアメリカ・シアトルに決まり、日本でも学生たちの熱い戦いが始まっています。

picture01 イマジンカップ2013 ロゴ