若者支援のイニシアチブ

ICTで若者を支援するグローバルな取り組み

全世界の若者を、3年間で3億人支援する」–それが、マイクロソフトが掲げる若者支援のグローバルイニシアチブ「YouthSpark (ユーススパーク)」の目標です。このイニシアチブが世界で発表されたのは2012年9月のこと。各国の状況に合わせた取り組みが策定され、同年11月に日本の取り組みが開始されました。

日本でのYouthSparkは、「チャレンジ支援」「21世紀の学習環境づくり」「高度人材育成」という3つのテーマのもと、3か年計画で複数のプログラムが実施されています。

働きたいのに、働くチャンスが得られない。夢があるのに、夢を追うチャンスに恵まれない。そのような状況におかれている若者に対して、チャンスをつかむ機会をつくるのに加え、ICTスキルアップなどの、間接的なチャンスの創出にも取り組んでいます。若者が明るい未来を感じ、笑顔をはじけさせる世界を目指して、マイクロソフトの若者支援は進められています。